スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役所 広司

雪もちらつきはじめ本格的な冬の到来ですね。
去年の様に毎朝除雪作業に追われることにならないようにと切に願っております。
ご自愛ください ゆーき です。

ダイドードリンコの当たり付き自販機のCM。結構最近よく見ます。
昔は当たり付き自販機が結構あったような気がしますが、最近はだいぶ減ったようで寂しく感じます。

当たり付きの自販機で思い出すことがあります。
小学生、まだ私が無垢で純粋だった頃、車で15分位の距離にある書道教室に毎週土曜日の夜か日曜日の午前中父親と通っておりました。
ある日、父親が「今日は自転車で行ってみよう」と誘ってきました。無垢で純粋だった私はひとつ返事で了承しました。真夏の日差しが照りつける中、黙々と自転車をこぎ続けるうちに無垢で純粋だった私は、不貞腐れる というスキルを習得しました。
そんな私を見て父親は、自販機の前で停まりました。今は亡き?UCCの当たり付き自販機でした。ビートたけしを党首とする無類のジョルト党であった無垢で純粋だった私は、迷うことなくジョルトコーラのボタンを押しました。
なんでか、豆乳ジュースが出てきました。なんでと思っているうちに、渋い電子音が鳴り、当たりました。当時の当たりは同じものが出てきたのです。豆乳ジュースが2本になりました。父親と二人混乱しました。勝手に当たり、勝手にでてくるという行為が数回繰り返されました。無垢で純粋だった私と父は当たりランプのついたままの自販機とひとくちだけ口をつけた豆乳ジュースと開封していない豆乳ジュース数本を自販機の隅っこに置いてその場を後にしました。
無垢で純粋だった私は、癇癪を起こすという新たなスキルを習得しました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。